最近のコメント

2006年08月17日

第1章 出航 カツゾーの夢(1)


復習する


「今日はわれわれにとって特別の日である。早いものであの屈辱の日から30有余年が経った。」カツゾーじいさんは感慨深げに語り始めた。
大人たちは、カツゾーじいさんのほうに視線を向け、一言も聞き漏らすまいと耳をそばだて、真剣なまなざしで凝視していた。
「あの時は、国際社会を味方に付け、独立の正義は我が方にあったのだが、すんでのところでわれわれの願いは成就しなかった。非常に悔しい思いを味わった。」
カツゾーじいさんは、江戸時代にお家取り潰しに遭った武士が、お家再興を誓って行動したように吉里吉里国の再独立を密かに夢見て工作していたんだって。
実際、カツゾーじいさんの先祖は、豊臣秀吉が小田原城を総攻撃したときに参戦しなかったかどでお家取り潰しの憂き目に会った、東北地方の豪族葛西晴信の家臣だったので、因縁めいたものを感じていた。
その当時、葛西家と大崎家は東北地方の豪族で勢力争いの真っ最中だった。
秀吉は天下統一をもくろんでおり、自分に忠誠を誓う証として、全国の諸大名に小田原攻めに参戦を求めた。独眼竜政宗として名高い伊達政宗は、中央の動静に敏感だったが、葛西も大崎も所詮田舎侍で、自分たちの権力争いのほうが火急の事態と考えていた。
政宗の、「東北のことは自分に任せろ。俺がうまく秀吉に話しておくから、参戦しなくても大丈夫。」との言葉を真に受けて、小田原攻めには参戦しなかった。
秀吉は、彼らが参戦しなかったことに激怒し、両家の領地をとり上げてしまった。挙げ句の果てがお家取りつぶしという最悪の事態を招いてしまった。
だから、カツゾーじいさんは伊達政宗に対して、悪い感情を抱いている。

慎重の上にも慎重に、細心の注意を払い吉里吉里国の同志たちは新たな作戦を練った。その中心がカツゾーじいさんであり、カツゾーじいさんの長男太一おじさんとイサムおじさんも、当時は少年ながらも、その日が来ることを固く信じて活動していたんだって。
そして、皆が吉里吉里国再興を果たそうと模索している間に、世界中を驚かす大きな事件が起こったんだ。
それは、ぼくの伯父さんの海江田四郎が率いる日本の海上自衛隊の原子力潜水艦『大和』が、世界に向かって独立宣言をしたことなんだ。
なんたって世界中が驚いたのなんのって、今までの国の概念を根底から覆すような出来事なんだから。伯父さんは原子力潜水艦大和を独立国として認めるように、ニューヨークの国連ビルに乗り込んじゃったんだ。
そのニュースを聞いて喜んだのがカツゾーじいさんで、こんな手があろうとは、吉里吉里国の再独立はその手で行こう、ということに決めたんだって。
カツゾーじいさんは同志を集めた秘密会議でこう言ったんだ。
「領土を持とうとするから国境が生まれ、国同士の争いごとが起きる。
現に、北方四島は未だに返還されないままだし、ロシアは返す気が無い。政府も口では北方領土返還と唱えているけど、腰が引けているから全く交渉にならない。こんな状態じゃ100年経ったって解決しやしない。
東シナ海では、隣国との間に竹島や尖閣列島の魚釣島の領有権問題が解決されないままくすぶっている。
それこそ地球上のアフリカ、中東アジアを始め世界中のいたるところで国境紛争や民族の対立など国同士の争いはゴマンとある。
国にとって領土というのは大切なものだから、国民の犠牲を払ってでも守らなければならないと考えられている。だから紛争や戦争が絶えないのだ。
小笠原諸島の無人島では、波の浸食や風の風化によって島が消滅しないよう莫大なお金を使って護岸工事をしたほどだ。外国からは、あれは島ではなく岩礁だと指摘されてもいる。
地球はわれわれ人類だけの物ではない。
人間はたまたまそこに住んでいるだけで、他の生き物も棲んでいる。彼らに、国境や領土といった概念はない。
従って、われわれは領土の主張などは一切しない。先の独立運動では、猫の額ほどの面積でも、日本国にしてみれば領土を失うことになるのだからそれこそ必死だったわけだ。そのことを教訓にして、われわれは他国の経済的排他水域の外、つまり公海上で生活する道を選択した。それがわれわれ吉里吉里国民の生き方だ。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
われわれはこの惑星を地球と呼んでいるが、実際に陸地と海洋を比べれば陸地のほうが少なく、海の面積が7割を占めるのだから、地球以外の生き物がいたとしてその生物から見れば海球と呼んでも不思議の無いほど海が広いのがこの星なのだ。
陸上では一番高い山といわれているエベレスト(中国名チョモランマ、チベット名サガルマータ)でさえ、標高8848メートルしかない。それに比べて、海底の一番深いところはマリアナ海溝で水深10920メートルもある。
陸上の生き物は陸地の表面にへばりついているだけだが、海の中の生き物は、水中のいたるところを生息場所にしている。
狭い陸地に人間がひしめき、森林を切り開き、野生動物や植物の生息域を脅かし、動植物の希少種が毎日毎日消滅していく地球。地球が人類のためだけに存在していると、勘違いしているおろかで傲慢な人間たちのなんと多いことか。われわれ吉里吉里国民は、地球上のあらゆる地域との紛争を起こさないよう海上生活者になる。
われわれのこれからの産業は、インターネットプロバイダー(IP)である。狭い船の中でやれる産業は、漁業かコンピュータ関連しかない。大陸棚と呼ばれる各国の領海内が良好な漁場で、公海上では漁業は成り立たない。その点、IPはスーパーコンピュータと優秀な人材がいれば、海上だろうと氷上だろうと、孤立無援の山中だろうとどこでも出来る。まさにわが国にふさわしい産業である。必ずコンピュータ全盛の時代がくる。いや既に、20世紀終盤からその地位は変わりつつある。重厚長大な、産業などコンピュータ関連企業にその地位を脅かされることになるだろう。
われわれは、世界でもっとも安全でセキュリティーに優れたプロバイダーとして世界中の銀行や企業と契約を結ぶ。

カツゾーの夢(2)

posted by 冬野☆男 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1章 出航 カツゾーの夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22460449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。