最近のコメント

2006年08月22日

第1章 出航 忍者通信(2)

復習する



翌朝、『サスケ』たちが甲板に出て話し込んでいると、何所から飛んできたのか純白の伝書鳩がパタパタと舞い降りて来て『サスケ』の肩に留まった。伝書鳩の片方の脚に文筒があり中には小さく折りたたまれた手紙らしき紙片が入っていた。
『サスケ』は、伝書鳩の脚の文筒から紙片を取り出して広げた。
『学者』君も『ノッポ』君も興味があるらしく、『サスケ』の手元をのぞき込んだ。手紙には、『忍者通信創刊号』と書かれてあった。


??Κ??.bmp


??Κ????.bmp

広告主が石川弐右衛門半商店ということは、『サスケ』の師匠の石川先生が関係しているようだ。
『サスケ』は、早速「七方出」のMサイズを注文することに決めた。『サスケ』たちの傍らでじっとしていた伝書鳩に、注文書を託すと、伝書鳩は飛び立った。
しばらく船の上を旋回していたが、方向を定めて飛び去っていった。


なぞの侵入者へ続く
【関連する記事】
posted by 冬野☆男 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1章 出航 忍者通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22654626

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。