最近のコメント

2006年09月13日

第4章 黄泉(よみ)返りの森 忍者通信5号(1)

復習する

 忍者通信5号

『サスケ』たちは、アドルフさんの協力を得ながら、およそ1ヶ月かけて島中の巨石像を調べ尽くしたけれど、天の岩戸伝説につながる情報は全く掴めなかった。
子どもたちは、今までのことを総括するためと今後のことを打ち合わせするために、会議を開いた。
会議と言っても、そんな堅苦しいものじゃなくて、いわゆるミーティングである。
「アドルフさん、ぼくたち島中の巨石像を調べてみたけど、天の岩戸伝説に結びつくような情報は何も得られなかったね。」とノッポ君。
「そうだね。なにしろぼくのおじいさんの、そのまたおじいさんの、そのまたおじいさんの、何代も何代も前の古い話だからね。」
アドルフさんは申し訳なさそうに答えた。
「それで、僕からの提案なんだけれど、かなり危険だけれど、黄泉返りの森に行ってみようと思うんだ。もう、この島で調べていないのは黄泉返りの森ぐらいしかないからね。」とアドルフさんは切り出した。
「以前に、あの森は危険だから近づかないようにといわれましたよね。」
「そうなんだ。危険だから近づくなということは、本当に危険なのか、近づいてもらっては困ることがあるのかのどちらかだと思うんです。黄泉返りの森にいけば何かがわかるような気がするんです。」
「昔々、ぼくたちの先祖があの黄泉返りの森に何かを隠した。あるいは、何かを発見した。それを知られるのを隠すために、近づかないようにと触れ回ったに違いない。きっと、あの森には何か秘密がある。ぼくはそう睨んでるんです。」
アドルフさんは確信ありげな口調で言い切った。
「それはそうかもしれないが、あの森にみんなで行くのは、ちょっと危険すぎる。下調べに先発隊を送り込もう。第一陣は5名くらいに絞りたいと思う。参加したいものは挙手をしてくれ。」キャプテンが言った。
キャプテン、ノッポ君、学者君、チョロキュウ君、サキちゃん、マンガ君、トンボ君、サスケの8名が手を挙げた。女の子で名乗りを上げたのは、サキちゃんただ一人だった。
「サキちゃん大丈夫、怖くないの。」
「あら、あたし平気よ。だって、面白そうじゃん。」サキちゃんは即座に答えた。
「ぼくは止めとくよ。」泣きブタ君は、今にも泣き出しそうに小さい声で言った。
「希望者が多すぎるので、ここは公平にあみだくじで決めよう。」キャプテンはそう言うと、一枚の紙と鉛筆を取り出し、縦に8本の線を引き、その下に当たりの印の二重丸を5つ書いた。その線の間に階段状の横線を何本か書き入れた。当たりの印が見えないように用紙を半分ほど折り、好きな線を選んでその線の上に、自分の名前を書くように言った。さらに、何本かの横線を書き加えるように促した。
キャプテンといえども、はずれたら参加することは出来ない。みんな真剣だ。
サスケは、何とか当たるようにと心で念じた。そして、必ずメンバーに選ばれるように「十字法」の勝という字を手のひらに書いてから、自分の名前を書いた。
「十字法」のおかげかサスケは運良く、メンバーにはいることが出来た。サスケはこのとき忍術を習っていて本当に良かったと思った。
「天は、ぼくに味方した。」
「やった。」
「うれしい。」
「おれは、くじ運が強いんだ。」
キャプテン、ノッポ君、サキちゃん、トンボ君がそれぞれ当たりを引き当てた。
「あーあ。しくじったか。」
「ほんとついてないよな。もう一本線を引いとくんだったな。」
チョロキュウ君とマンガ君はとても悔しがっていた。サスケもはずれていたら、どんなにか悔しかっただろう。そう思うと、はずれた仲間には申し訳ないけど心底うれしくなってきた。
留守部隊には、次の探検には必ず連れて行くことで了承してもらった。
サスケは、メガネ君に、必ず暗号携帯メールで連絡をすると約束をした。
メガネ君も楽しみにしていると喜んでくれた。
サスケたちは毎日暗号のやりとりをしているうちに、暗号を解くのが早くなっていた。字面を見ると何となく何式で解くのかが分かってきたようだ。
サスケは、ドクター大松さんに、携帯電話で普通に文字を打って、送信するときに変換キーを押せば暗号文に変わるソフトを作れば、絵文字みたいに大ヒットすると思うと提案した。
ドクター大松さんも大いに乗り気だったから、そのうち商品化されるに違いない。世界中に流行ったりしてね。
そうしたら、ぼくたちは大金持ちになれるねと冗談交じりにサスケとドクター大松は話していた。
暗号なら、他人に読まれてもすぐには分からないからいいよね。良く電車の中なんかで、他人の携帯メールのぞき込んでる奴っているからね。
でも、悪人が犯罪の打ち合わせに使用すると大変なことになる。


忍者通信5号(2)へ続く

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23710176

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。