最近のコメント

2006年09月15日

第4章 黄泉(よみ)返りの森 第一次隊(1)

復習する

第一次隊

とうとう出発の日が来た。
 アドルフさんは、早くから来ていて、サスケ達の装備の手伝いをしてくれた。
 「防水のジャケットと、寝袋は忘れないで下さい。黄泉返りの森は1年に400日雨が降ると言われるほど、良く雨が降ります。それで植物が良く成長し、ジャングルのようになっています。」
 食料は、レトルト食品と乾燥食品が主で、宇宙船で食べられているチューブ入りの宇宙食も若干持った。
サスケは、念のため忍者食も持って行くことにした。意外と腹持ちが良いし、栄養価も高いし、保存が利くのが何よりさ。
 「さあ出発するぞ。」キャプテンが声をかけた。
 「おー!」皆は、一斉に声を上げた。
 サスケは、恐怖心を打ち消すために『鬼』と言う字を、山での遭難を避ける意味で『虎』と言う字を、そして、気持ちが前向きになるよう『大』と言う字を、右手で左の手のひらに書いた。
 とたんに、気持ちがしゃきっとした。
 アドルフさんを先頭に、一行は歩き始めた。
 黄泉返りの森の麓までは、すでに何度も探検済みなので、みんなは冗談を言い合いながら和気藹々歩いた。タスマニアフクロオオカミが出没するポイントでは、さすがにちょっと緊張したけれど、出くわすことは無かった。
 途中で、ジャイアントモアの親子連れに遭った。
 この前遭ったときは、子供のジャイアントモアはいなかったはずだから、最近生まれたらしい。それでもすでに、親鳥の背中ぐらいの高さに頭があり、首を左右に振り振り歩く姿は母親と変わらない。
 しかし、何かに驚くと、親鳥の背後に隠れるように回り込む。そして、長い首を一層長くして、何事が起こったかと視線をこらす仕草がかわいらしい。
 身体が大きい割に、表情や仕草が愛らしいとサスケは思った。こんな素晴らしい動物を絶滅させた人間は本当に許せないと心底思った。

 「しばらく休憩しよう。」
 キャプテンが言った。
 一行は手頃な岩や、倒木に腰を下ろして休憩することにした。
 「アドルフさん。この島にはどんな動物が棲んでいるんですか。」
 「そうだね、ジャイアントモアほど大きくはないけど、『ドードー』という鳥がいるよ。」
 「ドードーがいるの。そいつはすげーや。ドードーって17世紀に絶滅した鳥で確かアフリカのモーリシャス島に棲んでいたんだよね。この鳥が絶滅したために、カルヴァリアという植物も絶滅したんだって。」
 「あたしドードーって知ってるわ。」とサキちゃん。
 「たしか、ルイス・キャロルという作家だったと思うけど、不思議の国のアリスというお話しの中にドードーって鳥が出てきたわ。あの鳥でしょう。」
 「そうだよ。たいしたもんだね、サキちゃんの記憶力は。」
 「あら、それほどでもないわ。」
 サキちゃんは、まんざらでもないという顔をして、鼻をちょっとひくつかせた。これは本人は気づいていないけど、サキちゃんの得意なときの癖なんだ。
 「カルヴァリアの木はどうして絶滅したの。」
 「ドードーはカルヴァリアの木の実が大好物だったんだ。この木の実を食べるのはドードーしかいなくて、ドードーが絶滅したので、カルヴァリアが絶滅したんだよ。」
 「良くわかんないよ。ちゃんと説明してよ。食べる動物がいなくなれば、逆に増えるんじゃないの。」とサキちゃん。
 「ところがどっこい、こいつが違うんだな。カルヴァリアの木の実は堅い殻に覆われていて、その殻が邪魔をして、自然には発芽できないんだ。ところがドードーに食べられたカルヴァリアの木の実の殻は、半分消化され、糞と一緒に排泄される。殻はもろくなったけど、中の胚乳は未消化だから無事というわけ。半分消化されもろくなった殻は破れやすくなり発芽できるというわけさ。おわかりかな。サキちゃん。」と学者君。
 「なるほどそう言う訳なのか。持ちつ持たれつの関係にあって、共存共栄していたわけね。自然界のバランスって、本当に微妙なバランスで成り立っているのね。そしてそのバランスを崩すのは、いつも人間という訳ね。」とサキちゃん。
「そういえば、東京ではカラスが繁殖しすぎて、ゴミ置き場を荒らすので、カラスを捕まえることにしたら、今度は鳩が急激に増えたので鳩にえさを与えないようにということがあったね。元を質せば、人間がゴミの管理をしっかりして、野生動物にむやみやたらにえさを与えなければ、こんな問題は起きないと思うんだよ。
こんなに文明が進歩したのに、人間は人類が出現したときからゴミ問題に取り組んでいる。貝塚なんて言うのは、昔の人のゴミ捨て場だよね。おかげで、その当時の文化とか、気候とかが分かるんだよね。」とサスケ君。
「そうだね。貝殻や、動物・魚の骨などで作った、釣り針などの道具も見つかっているし、木の実や植物の種なども出てくる。そのものに含まれる炭素を調べると、細かい年代まで測定することが出来るんだよ。」と学者君。
「それじゃあ、東京の夢の島なんかも、何千年も先には、ぼく達の暮らしぶりが分かると言う寸法か。でも、今は、細かく粉砕したり破砕して処理しているから、復元するのは大変だろうな。それと、高温で燃やしているから、跡形もなくなってしまって調べることすら出来ないかもしれないね。」とサスケ君。
「青森県の下北半島には北限のニホンザルがいて、大事に保護されてきたが、保護しすぎて数が増え、今度は農作物を荒らすようになった。仕方なく、村ではニホンザルを捕獲することにした、と言う笑えない話もある。野生動物に人間があまり干渉してはいけないんだ。かといって、保護しないと絶滅するおそれのあるレッドマークの動植物は、放っておけないよね」と学者君が続けた。
「外国からも、様々な動物がペットとして輸入されているけど、何らかの理由で、野生化して増えすぎて被害が出てきているよね。アライグマなんか小さいときはぬいぐるみみたいにかわいいけど、意外と凶暴で飼い主が持て余しちゃう。飼いきれなくなって、山や野原に捨てたのがいつの間にか繁殖して、被害をもたらすという訳ね。ペットを買う人は最後まで責任を取らないといけないわよね。」と、サキちゃん。
「ペットだけじゃないよ。沖縄では、毒蛇のハブの天敵としてマングースを島に持ち込んだけど、ハブは一向に減らないで、マングースだけが繁殖していった。マングースは元々雑食でハブを好んで食べる訳じゃないからね。他に食べるものがあれば、好きこのんで危険な毒蛇を捕まえようなんてことはしないだろう。
西表島でヤンバルクイナという新種の鳥が発見されたけど、この鳥も絶滅の危機に瀕しているんだ。ヤンバルクイナは飛ぶことの出来ない鳥で、地上を歩き回っているときにマングースに襲われることが多いらしい。それと、人間の飼っているペットの猫もヤンバルクイナを襲うらしいよ。」と、学者君。
第一次隊(2)へ続く


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23812537

この記事へのトラックバック

共栄火災自動車保険
Excerpt: 共栄火災自動車保険の見積もりの手続きを一括で行うサービスをしています
Weblog: ファイナンス金融保険 Gメン
Tracked: 2006-09-17 01:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。