最近のコメント

2006年09月21日

第4章 黄泉(よみ)返りの森 怪物ミノタウルス(1)

復習する



怪物ミノタウルス

一行は、なおも深い森の中を突き進んだ。
気がつくと、さっきまでにぎやかに鳴いていた鳥や獣の鳴き声が、いつの間にか消えていた。
辺りには、水を打ったような静寂が広がっていた。
「どうしたんだろう、あんなに泣き叫んでいた動物の鳴き声がぴたりと止んでしまったよ。」
「なんだか不気味だな。」
「一体どうしたというんだろう。」
「あいつが現れるかもしれない。」
「あいつって誰なんですか。アドルフさん。」
「しーっ、黙って。」

突然、空気を揺るがすような、地響きが伝わってきた。
地響きは次第に、サスケたちに近づいてきた。それはまるでゴジラが大地を歩いているようだった。
大木がバキッ、バキッと折れる音とズシン、ズシンと大地を踏みしめる音がすぐ近くまで近づいてくるのが判った。
「とうとう出てきたか。化け物めが。」
目の前の大木が左右に引き倒され、怪物が現れた。
頭が牛で体は人間という異形の姿をしていた。
まるで、ギリシャ神話に出てくるミノタウルスにそっくりである。
『サスケ』は咄嗟に『鬼』という字を、左の手のひらに右の人差し指でなぞった。
十字法の鬼という字は『恐怖心を消し去る』意味がある。
『サスケ』の心には、不思議と恐怖心が無くなり、勇気が湧いてきた。
更に、「臨(りん)」「兵(びょう)」「闘(とう)」「者(しゃ)」「階(かい)」「陣(じん)」「列(れつ)」「在(ざい)」「前(ぜん)」と早口で唱えて、それに合わせて九字の印を切った。
『サスケ』の心が落ち着いてきた。

「お前達、何しにやってきた。ここを『黄泉(よみ)返りの森』と知って踏み込んできたのか。」
「返事しだいでは、皆殺しにしてやる。」
天地を揺るがすような大音響がこだました。

アドルフが答えた。
「我々は決して怪しいものではない。」
「私達は、この島に伝わる『天の岩戸伝説』を調べるためにこの森に来たのです。」
「『天の岩戸伝説』だと。そんなことを調べてどうする?」
「私達の村には『光のへそ』が『天の岩戸』を開くという伝説があるのです。」
「そのとき大洪水が起こるといわれているのです。」
「なるほど。天の岩戸は貴様達の推理どおりこの森にある。」
「えっ、本当ですか。」
「やっぱり僕達は正しかったんだ。」
「しかし、お前達には見つけることは出来ないだろう。」
「何故ですか?」
「お前達の行く手には、様々な困難が待ち受けているであろう。」
「僕達、困難なんて平気です。」
「強がりを言うんじゃない。」
「強がりなんかじゃありませんことよ。」
「これはこれはお嬢様。随分と勇ましい。」
「おじさんはなんていう名前なの。」
「わしか。わしの名前はミノタウルスというのじゃよ。」
「ここで何をなさっているの?」
「この森の番人じゃ。」
「ミノタウルスさん。貴方クレタ島に帰りたくないの。」
「何故わしの故郷がクレタ島とわかったのじゃ。」
「やっぱりそうなのね。ギリシャ神話に貴方のことが書いてあるわ。」
「可哀想なミノタウルスさん。」
「そりゃあ、帰りたくも無くもないが、番人の仕事もあるでよ。」

ミノタウルス
ギリシャ神話に、ミノタウルスという怪物がいる。頭が牛で体は人間という異形の姿をしている怪物である。ミノタウルスは、父であるクレタ島の王様ミノスが、ポセイドンの神(海の神)へ貢ぎものをしなかった報いとしてこの世に生を受けた。ミノス王が、貢ぎ物をしないことに腹をたてたポセイドンは、牡牛を使わせて、ミノス王の妻を誘惑させる。そして生まれたのが、怪物ミノタウルスだった。ミノタウルスは、生まれながらにして、人に疎まれ嫌われる宿命を背負って生きることになる。


「わしの仕事は、この森に入ってきた奴は、なんびとたりともこれ以上奥には入れさせないことだ。」
「但し、わしの出すなぞなぞに答えられれば、通ってもいいぞ。」
「なぞなぞですか。」
「さあ、どうする。」
ミノタウルスは、いかにも獰猛そうな目を光らせて、にやりと笑った。
「それが出来なけりゃ、奥へはいけないのだから、やってみようよ。」
怪物ミノタウルス(2)へ続く




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24180192

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。