最近のコメント

2006年08月11日

第1章 出航 危機脱出(1)

静寂を引き裂く大音響に、みんなの顔に緊張感がみなぎった。
 危機を知らせる赤色灯が、せわしなく点滅しはじめた。
 各自の、腕時計型携帯モバイルpcが、合成音声を発して、危機を伝えていた。
 「全員スクランブル体勢を引け。」
「子供たちは、全員船室に戻って静かにしているように。指示があるまで勝手な行動はつつしめ。」
「絶対甲板には出るなよ。」

「メインスイッチオン。」
「ハリアップ。」
「気配を消すのだ。」
「減速開始。一二ノットまで減速。」
「取り舵いっぱい。」
「右旋回六〇度。」
操舵室で海江田千里船長が大声を張りあげ矢継ぎ早に、しかし落ち着いて的確に指示を出していた。
 艦内は、すでに臨戦態勢に入り、全員が緊張感をにじませて、せわしなく計器類を操作したり、動き回っていた。
子供たちは、船室にひとかたまりになって、事の成り行きがどうなるのかと、固唾をのんで見守っていた。
 丸いトンボメガネをかけた『トンボ』君は、心配でたまらないという風で、落ち着きが無く、メガネの奥の目は視点が定まらず空をさまよっていた。
 『トンボ』君というのは、小笠原翔太君のことで、小学6年生。お父さんは、小笠原太一さん。お母さんはみどりさん。小学5年に年子の弟健司君、ちょっとのろまなので『ノロ』君と呼ばれている。小学3年に妹の優花ちゃん、『スミレ』ちゃんと呼ばれている。3人兄妹の長男なんだ。

 今どきの家庭で、3人兄妹は珍しい。少子高齢化が益々ひどくなり、女性が結婚して産む子どもの数は1を切って久しく、とうとう0.92まで落ち込んでしまっていた。
 西暦2004年に、100年先まで大丈夫と時の政府が大見得を切った、改正年金法は当の昔に破綻していた。
 2005年に人口の増加が止まり、減少に転じたのを皮切りに、益々少子化に拍車がかかり、団塊の世代と呼ばれた、昭和22年から24年生まれの世代がほとんどこの世から姿を消して、日本国の人口は、1億人を割り込んでいる。
 住民の10人に1人は外国人という異常事態に、政府は外国人にも手軽に国籍を取得させる方針に切り替えたが、遅きに失した感は否めない。
 天皇制は、皇室典範の改正により、女系天皇が認められ、女性の天皇が150代天皇として継承されていた。
 しかし、急激な外国人の流入と混血により、単一民族としての誇りはいつしか希薄になり、女性天皇の皇太子が、外国の皇室からお嫁さんをもらうことに対して、異議を唱えるものは、国会議員と、皇室の一部守旧派を除いてはほとんどいなかった。
 それほどに、人種間では交流が急速に広まっていったが、こと領土となると、地球上からいざこざが絶えることは無かった。

 知ったかぶりの、『チョロキュウ』は、「大丈夫だよ。この船は、最新技術のレーダーにも見つからないように出来ているんだ。先日カツゾーじいさんたちが、話しているのを聞いたんだから間違いない。心配しなくて大丈夫だよ。」と、『チョロキュウ』は念を押して言った。
 『チョロキュウ』は、中学1年生。名前は、佐々木信也。サッカーが得意なんだ。
 「それなら安心だね。」小学校五年生にしてはおませな、『レモン』ちゃんが相づちを打った。
 『レモン』ちゃんっていうのは、『サスケ』君の妹なんだ。小学5年生で海江田瑞希と言うんだ。『ノロ』君と同級生で、家も近所なんだ。彼女がどうして『レモン』ちゃんて呼ばれるようになったかというと、昔ラジオの女性パーソナリティーで落合恵子さんという人がいて、とても人気があったんだって。その人のあだ名が『レモン』ちゃんで、おばさんか誰かが、瑞希ちゃんは落合恵子によく似てると言って、いつの間にか『レモン』ちゃんって呼ばれるようになった。
 「それでもぼくは心配だなあ。」『泣きブタ』君は、おどおどしながら言った。「だって、この船はそんなにも大きくないし、スピードだっていまいちだし、なんたって戦う武器すら持ってないんだから、いざっと言うときは心もとないよ。」
 『泣きブタ』君はとても臆病で、何かあると直ぐ泣き出してしまうので、こう呼ばれるようになった。本人はとてもいやがってるよ。まだ小学2年生だし、お母さんに甘えたい年頃だものしかたない。本名は、渋谷哲平。強そうな名前なんだけど、名は体をあらわさない。
 『学者』君は、我関せずという風で、パソコンのキーボードをせわしなく叩いていて、しきりに何かを計算しているようだった。
 『学者』君というのは、高校2年生で、名前は野口博士という。とにかく頭の回転が良くて物知り。あまり勉強しているようには見えないんだけど、テストの点はいつも一番。特に、コンピュータのことに関してはとても詳しくて、ビルゲイツを凌ぐんじゃないかって、県下でも評判。彼のことをみんなは尊敬も込めて『学者』君と呼んでいる。
『学者』君は、得心したように「西暦1999年8月18日のグランド・クロスで、小惑星の幾つかの軌道に変化が現れている。詳しく計算しないと確かなことは言えないが、小惑星04262イチローが地球に大接近する可能性がある。」と、つぶやいた。
「この小惑星は、日本人大リーガーのイチローが262本の大リーグ年間安打を記録した年に発見されたので、発見者が大リーグ好きだったのでイチローと命名した小惑星なんだ。」

この続き
危機脱出(2)を読む
posted by 冬野☆男 at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 第1章 出航 危機脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

第1章 出航 危機脱出(2)

復習する


「ところで『学者』。そのグランドなんとかというのは何なんだい。」と、『キャプテン』が、『学者』君に聞いた。
『キャプテン』君は同じ高校2年生だが学校は別である。彼はサッカー部の主将をしている。それで『キャプテン』って呼ばれてるのだ。本名は三浦知良。
「グランド・クロスだよ、キャプテン。太陽系の惑星が太陽の片側に全て集まる現象で、半世紀ほど前の1999年8月18日のグランド・クロスでは、水星、地球、火星、木星、土星、冥王星と月が一直線に並び、この直線と直角方向に天王星と海王星が並び、金星が少しずれたが水星の近くに位置してグランド・クロスを形成した。過去に、惑星が片側に多く集まると強力な電波障害が起こることが確認されていたんだ。これほど見事に、グランド・クロスが形成された記録はないし、今後あるとしても、遠い未来の話だ。世界中が大パニックに陥るので、このことは報道されなかったが、過去に例のない電波障害が現れた。だから、きっと宇宙ではとてつもないことが起こっているに違いないと確信して、小惑星の軌道を調べていたのさ。その結果大変なことが分かった。小惑星04262イチローが地球に衝突するかもしれないんだ。」
「小惑星って、いったいどのくらいの数があるの。」
「正確には分からないけど、軌道がわかっているだけで20万個以上あるよ。100万個を超すのは時間の問題だね。数千万個はあるだろうと予測されているよ。1801年1月1日に最初の小惑星ケレスが発見されてから関心を集めるようになり、毎年多くのアマチュア天文家が夜空を捜索しているよ。
だってそうだろう。彗星は年に数個しか出現しないのに比べて、未発見の小惑星はそれこそ星の数ほどあるんだぜ。ぼくもいつか発見できたらいいと思っているんだ。
発見した人には特別のご褒美があるんだ。」
「ご褒美って何。」
「発見した小惑星に名前を付ける権利をもらえるんだ。すごいだろう。」
「本当?」
「本当だとも。日本人が発見した小惑星で、コマツサキョウというのがあるよ。群馬県の小林隆男さんというひとが発見して命名したんだ。その他にもユニークな名前があるよ。
アンパンマンとか仮面ライダーとか、道後温泉なんて言うのもあるよ。」
「へー、すごいな。ぼくも、小惑星ハンターになろうかな。」
「2005年には、10番目の惑星セドナが発見された、と話題になった。でも、直径が冥王星の4分の3しかなく地球の衛星の月よりも小さいので小惑星か、惑星かで意見が分かれてケンケンガクガクだった。2006年8月25日にとうとう結論が出た。冥王星は矮惑星という結論になった。わずか76年で、冥王星は惑星の仲間からはずされてしまったんだ。
冥王星は発見されたときから、惑星ではないのではないかと疑問視する学者が多かったんだ。小惑星と惑星の純然たる区別が無いのが原因なんだ。小惑星ケレスの直径が約1千キロメートルで、2002年に発見された幻の第10番目の惑星といわれるクワーオワーは約2千キロメートル、月の3分の1しかない。セドナクラスの惑星はこれからも何個かは見つかると思うよ。まちがいない。」
「2006年8月25日まで惑星の数は9個だった。2006年8月25日に国際天文学連合総会で、惑星の新定義が提案され、一気に12個に増える予定だったんだ。ところが、この新定義は否決され、挙句の果てに冥王星が惑星から降格して、惑星の数は8個になったってわけさ。」
『学者』君のうんちくは際限なく続いた。
レーダーには、南南東方向20マイル先に船舶の航路が映し出されていた。
徐々に、『カメレオン号』との距離が縮まっていった。
 船長の指令からすでに5分が経過していた。
『カメレオン号』の船体は、甲板は濃い藍色に、船底は乳白色に変化し、まるで巨大なマグロのように大海原に溶け込んでいった。
 程なく、『カメレオン号』は、海上から忽然と姿を消していた。

 「今はまだ、何処の船とも遭遇したくない。われわれの目的を達成するまでは。」吉里吉里国元大統領のカツゾーじいさんは心の中でつぶやいた。
 日本国の領海内、領空内には、国境警備のための巡視艇や偵察機が増強されていた。
 石油資源が掘り尽くされ、百年後には枯渇することが明白になってから、天然ガス資源に注目が集まるようになり、ガス田の開発が脚光を浴びてきた。日本の周辺海域には、優良なガス田が多数存在することが明らかになり、開発に当たって、隣国とのトラブルも頻発するようになった。
さらにアメリカが名指しする東洋のならず者国家の世襲による独裁体制がほころび、粗末な漁船に乗り込んだ難民も急激に増加して密入国が後を絶たないため、警備が強化されているのだった。
さらに、日本のマフィアと手を組んだ地下組織が、覚醒剤、LSD、拳銃、偽札などを海上から日本へ持ち込もうと、暗躍しているものだから、国境警備隊はその取り締まりにも本腰を入れ始めたのだった。

 もう半日も航行すれば、間違いなく公海に達する。それまでの辛抱だ。
 『カメレオン号』は、普通に航海している分には、レーダーで捉えられることはない。
 偵察用の人工衛星に積み込まれたカメラは、地上の車の動きまでも捉えることが出来る
ほど精度が優れているが、それにすら『カメレオン号』は捉えられることはない。
熱を外に出さないので、赤外線カメラには感知されることはない。超音波も吸収してしまい跳ね返さないため、レーダーやカメラの目から逃れることが出来る。
さらに、特殊塗料と特殊合金で造られた『カメレオン号』は、擬態と保護色の合わせ技で、視覚を惑わすこともできる。まさに、カメレオンなのである。

 どうやら、『カメレオン号』のレーダーが捉えた船舶は、『カメレオン号』には気づいていないようだ。
 すでにその船舶は、『カメレオン号』の後方を西に向かって進んでいた。

20××年7月28日。この日は、『カメレオン号』の乗員たちにとって忘れることのできない記念日となった。なぜなら、その日、彼らは日本国籍を捨てることになった。
戸籍法が改正され、簡単になったとはいうけれど、国籍を新たに取得したり、復活することはそれなりに大変だけど、捨てることは簡単に出来る。
長年にわたって綿密に計画された彼らの日本脱出計画は、ついに実行されることになった。

危機脱出(3)





posted by 冬野☆男 at 15:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 第1章 出航 危機脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

第1章 出航 危機脱出(3)


復習する

ドッグの中で静かに出番を待っていた『カメレオン号』は岸壁に繋がれていたもやい綱を解かれ、静かに岸を離れて行った。
計画の決行の日は、計画の初期の段階ですでに、学校の夏休み中の新月の日と決められていた。夏休み中なら、家族で旅行に行ったり、親戚のところへ遊びに行ったりする家庭も多いので、しばらく留守にしていてもあまり不審には思われないだろう。なにより、夏休みが休みの中では一番長いからね。それに、冬は海の天候も大荒れになって危険も大きいからそれで、夏休みを選んだわけさ。
彼らは、出来るだけ気づかれずに岸を離れたかった。そのためには月明かりさえも邪魔だった。新月の日を選んだのはそんな訳があったからだ。
東京ドームの十倍以上の広さがある鶴亀造船所のドッグ内の明かりは全て消えていて、あたり一面漆黒の闇が広がっていた。陳腐な表現しかできないけどこれが一番しっくりするのであえて言わせてもらえば、まるで闇夜のカラスのような暗さで、誰かに鼻をつままれても分からないくらい暗かった。
それで、大人はもとより子どもたちの心臓は恐怖心と興奮から早鐘のように高鳴っていた。
でも恐怖心よりも気持ちの高ぶりのほうが大きかったのは言うまでもない。
三号ドッグから『カメレオン号』は、静かに滑るように太平洋に滑り出した。
普通なら、シャンパンを割って派手な進水式をやるのだろうが、そんなことは抜きで、ことは隠密裏に進められた。
星の輝きはいつにも増してきらめいている様に『サスケ』には感じられた。
東の空に、こと座のベガ、はくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルを頂点とする、夏の大三角形がいつもより大きく輝いて見えた。
まるで彼らの航海を祝福するかのように。
南の低い位置には、さそり座のアンタレスが赤く輝いていた。それはまるで、サソリの心臓の鼓動のように瞬いていた。

燃料電池エネルギー船『カメレオン号』はこうして航海に旅立った。
鶴亀造船所のドッグを離れて、五日目の朝、あたりには島影一つなく、360度見渡す限り水平線が続いていた。
水平線はかすかに丸みがかって見え、こんな光景を見れば誰だって、地球が球形であることに気が付くんじゃないかなと『サスケ』は思った。
もっとも、地球が丸いという潜在的な知識がそう思わせたのかもしれない。
昔の人は、地球は巨大な像が支えており、海の果ては巨大な滝のようになっていて、そこに落ちたら助からないと信じられていた時代もあったのだから。
地球が完全な球形だということは、コロンブスによるアメリカ大陸発見や、マゼランの世界一周などの大航海時代があって実証された。
それからわずか500年程しか経っていない。
人工衛星が地球の全景を写真に収めてから、1世紀しか経っていない。

出航の時の張りつめていた空気も和み、みんなの顔にも笑みが戻ってきていた。
子供たちはジュースで、大人たちはシャンパンでささやかな乾杯をした。
彼らの遠大な計画から見れば、まだ本の序章に過ぎないのだが、とりあえず公海上に出られたことで、一つの区切りがついた。
時折、トビウオが水面から飛び立ち、海面すれすれに滑空する姿が見られた。胸びれが大きく発達しているし、腹びれも大きいから、まるで複葉飛行機が飛んでいるような優雅さだ。太陽の光を受けて輝いて見える。魚が空を飛ぶなんて本当に不思議だ。跳躍力のあるやつは、2〜3百メートルは飛んでいるんじゃないかな。それにしても、飛んでいる間呼吸は苦しくないのかなぁ。『サスケ』は、ちょっと不思議な気がした。
「トビウオは幼魚の頃は、ひげが生えているんだよ。大きくなると消えてなくなるんだけどね。そのひげの長さと体長の比率で、種類が分かるんだよ。」と、大学で海洋学部に通っている『サカナ』君が教えてくれた。
「ところで、魚に関する問題だよ。頭から尾ひれに向かって縞模様がある魚の縞は、縦縞か横縞か。さて、どっちでしょう。」
「イサキとかの縞模様だよね。頭から尻尾に向かって水平になっているから横縞じゃないの。でも、問題に出すところを見ると怪しいな。どっちだろう。素直に横縞。」
「ブー。残念。魚の縞模様は頭を上にして見たときの状態で判断する事になっているから、縦縞でした。」
「ところで、トビウオ以外にも、空中を飛ぶ魚がいるんだけどな。誰かわかる人はいるかな。」
「マンタは飛ぶよ。」と『泣きブタ』君。
「マンタは飛ぶというよりも、跳ぶというほうがぴったりだね。」
「イカの仲間でトビイカというのがトビウオのように海面を滑空することが知られているんだ。そのうちお目にかかるかもしれないね。」

その日の晩、子供達は甲板に出ることを許され、久々に潮風を胸いっぱいに吸い込んだ。
子供達は、満天の星空を見上げながら、宇宙について語り合っていた。
「この宇宙の中で、地球と同じような生物が存在する星はあるのだろうか。」
「ぼくはあると思うよ。宇宙は無数の小宇宙の集まりで、ぼくたちの銀河系といわれる小宇宙は、その中でもごく普通の宇宙なんだ。そして、太陽系もごく普通の星だから、あると考える方が自然だと思うよ。ただし、ぼく達の地球を除いた太陽系の中には99.999・・・・%無いだろうな。電波望遠鏡のおかげで、太陽のように惑星を持っている恒星もどんどん発見されているよ。2005年4月30日には太陽系外惑星の写真が公開されたんだ。大きさは木星よりも大きな惑星で、地球規模の大きさの惑星は、今の技術では探せないらしい。それと、最近の隕石の研究から、地球の生命の誕生は自然に発生したのではなく、宇宙から生命の種が飛んできて、地球はその種が育つ環境にたまたまあったらしい。」
「それじゃ、宇宙人がいるとして、宇宙人はどんな姿をしているのかな。ローソン・ウェルズの火星人とか、ウルトラマンとか、バルタン星人、キングギドラとかに似ているのかなあ。」

危機脱出(4)




posted by 冬野☆男 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1章 出航 危機脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

第1章 出航 危機脱出(4)

復習する



「それは分からないよ。ぼくたちは、地球の生き物しか知らないし、今君が言った生き物だって、想像上の生き物だろう。この地球上にだって、いろんな種類の生物が棲んでいるし、絶滅してしまった種類もまた数多くいる。今は、人間を含めたほ乳類が一番進化した生物と見られているけど、この先ほ乳類からさらに進化した生物が出現しないとも限らない。いや、きっと出現するだろう。今から、一億年後にはほ乳類に替わって、別の種族が地球を支配しているかもしれない。人類は進化した別の生物になっているか、絶滅してしまいこの世にはいないかもしれない。人間なんて、この地球に現れたのは、長い地球の歴史から見れば、つい最近のことなんだよ。ゴリラやチンパンジーなどのいわゆる類人猿と分かれたのが、約500万年前といわれている。宇宙の誕生ははるか140億年前なんだぜ。それと、多様性からいったら、昆虫にはかなわない。なんとこの地球上には50万種類の昆虫がいるんだぜ。空を飛ぶものから、水中や地中にも生息する。蚊の仲間のユスリカの一種で100度の熱湯や、氷点下、強酸でも死なない昆虫の卵がある。そんなことを考えると、地球上で最後まで生き延びることができるのは、昆虫じゃないかな。」
「火星人がたこ入道のような形で描かれたのは、望遠鏡で火星を見ると、そこには幾筋もの運河らしき線が見えたものだから、火星に運河があると思われ、運河を建設するほどの文明が発達しているのならば、脳も発達していて、脳みそもいっぱい詰まっているに違いないし、火星の重力は小さいので、丈夫な骨格が無くても身体を支えることが出来るから、たこ入道のような形で描かれるようになったんだ。まあ、地球人の考えそうなことだな。バルタン星人やウルトラマンはテレビの中の悪役とヒーローだから問題外だね。」
子供達が、甲板で話に夢中になっていると、天中から東南の水平線に向かって、大きな流れ星が明るい軌跡を描きながら流れた。
「あっ! 流れ星。」
『サスケ』が叫んだ。
『マンガ』君(安部勝一)は流れ星が消えないうちに、急いで三度願い事を願った。
「僕たちの航海が無事に成功しますように。僕たちの航海が無事に成功しますように。僕たちの航海が無事に成功しますように。」
迷信だとは分かっていても、良いと言われることはやっておいて損はない。『マンガ』君はそう思った。

『イサム』おじさん(安部イサムさん)は緊張のあまり武者震いをしているように見えた。おじさんの膝頭が小刻みに震えているのがはた目にもよく分かった。
太一おじさん(小笠原太一さん)も同じように武者震いをしていた。
太一おじさんのお父さんは、数十年前日本から独立しようとして戦った吉里吉里国の初代大統領だった。『サスケ』たちの生まれるずっと前、昭和時代のことだ。
太一おじさんはその時はまだ小学校の低学年で、イサムおじさんのような活躍ができなかったことが、子供心に悔しかった。吉里吉里国の独立が失敗したことが無性に悔しくて時々夢に見ると言う。よっぽど悔しかったんだろう。
『イサム』おじさんはそのとき、少年保安官として大人に負けない、いや大人顔負けの活躍をしたんだ。その働きは井上ひさしさんという作家が『吉里吉里人』と言う小説に詳しく書いている。かなり長編小説だけど読んでみると当時のことがよく分かる。でももう本屋さんでは売っていないので、電子図書で見るしかない。


危機脱出(5)


吉里吉里国について
posted by 冬野☆男 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1章 出航 危機脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

第1章 出航 危機脱出(5)

復習する


吉里吉里国の独立宣言は、日本国の面子をかけた執拗な抵抗に会い、残念ながら成功しなかった。
だから、今度は失敗しないように念には念を入れて計画された。計画したのは、もちろん『カツゾー』さん『太一』さんたち大人の人たちが中心である。
この船の乗員はほとんどが吉里吉里国人か、吉里吉里国と関係ある人たちだが、『サスケ』一家は吉里吉里人じゃない。彼らはお父さんの仕事の関係で、『サスケ』が小学校に上がる前に幻の吉里吉里国に引っ越してきた。だからどちらかというと移民とでも言おうか。
『サスケ』の本名は、海江田明という。いま、中学校の2年生である。彼は忍術を習っていてクラスの人気者である。『サスケ』という名前は、真田雪村の家来で甲賀流忍術の名人猿飛佐助からつけられた。
『サスケ』のお父さんの名前は、海江田千里という。『カメレオン号』の船長をまかされている。
彼は、4年前までは外国航路の船長をしていたんだ。だけど、一度航海に出ると何ヶ月も家に帰らなくなるので、子供たちがかわいそうだといって、三陸海岸の観光会社で船長をする仕事に変えたんだ。
でも、本当のことはよく分からない。イサムおじさんとどうして知り合ったのかも謎である。
子供たちは、学校生活も楽しく過ごしていたし、友達ともうまくいっていたから、父親が家にいないことについては、それほど気にしていなかった。
近頃の親ときたら、子どもに気を使いすぎる。自分たちの老後を支えるのは、子供達世代ということがわかっているから、気にしているんだ。
小学生高学年から中学入学ぐらいで、声変わりがしたりシンボルに毛が生える年頃になると、親父とかお袋と話をするのがなんとなく気恥ずかしくて、嫌なんだよね。
一本でも生えてきたら、なんか大人になったような気がして、友達に自慢したくなるんだ。その頃って、不思議で、男の子なのにおっぱいもはれてくるんだよね。しこり見たいのが出来てきて、痛いんだ。だから、友だちのおっぱいをたたいたりしてからかうんだけど、いつのまにか、しこりも消えてしまうんだけどね。

カツゾーの夢(1)

posted by 冬野☆男 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1章 出航 危機脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。