最近のコメント

2006年09月03日

第3章 怪奇島 巨石像(1)

復習する

巨石像

『サスケ』達は嵐の海で磁気嵐と落雷にあい、時空の結界を越えてしまったらしい。『サスケ』達を乗せた『カメレオン号』は、無惨にも白砂の海岸に打ち上げられていた。仲間は全員ばらばらに、砂の上に倒れていた。
先ほどの嵐が何事も無かったかのように、明るく暖かな日差しが『カメレオン号』と乗組員にさんさんと降り注いでいた。
『カメレオン号』のマストの先には、何時飛んできたのかあのヤタガラスの勘三郎が留まって、事の成り行きを見守っていた。
正体不明の船と異国人の出現に、島の住民たちは我先にと集まってきて、遠巻きに眺めていたが、一定の距離を保ち、それ以上には決して近づこうとはしなかった。
いつの間にか、人だかりは30人を優に超えていた。
そして丘の上や海岸線にたたずむ、巨石像も彼らを見下ろしていた。巨石像の瞳は心なしか愁いを帯びているようにみえた。この日の来るのを待ちわびていたように。
 最初に目を覚ましたのは、学者君(野口博士)だった。
 彼はうつぶせに砂の上に倒れていたが、やがて目を覚ましたらしく、ゆっくりと上体を起こし始めた。
 学者君は未だに事態を飲み込めていない様子で、頭を左右に振りながら辺りを眺め回した。うっすらと、記憶が蘇ってきたようだ。
 「そうだ。僕たちは太平洋の真ん中で嵐に巻き込まれたのだ。確か、目の前で稲妻が炸裂したまでは覚えているが、その後どうなったかは全く覚えて無い。」
 気がつくと、砂の上に倒れている自分があった。
「どうやら命は助かったようだ。」
と、つぶやいた。
「皆は大丈夫だろうか。」急に、仲間のことが気になった。
学者君は、まだ焦点の定まらない両目を目一杯見開き、仲間を捜し求めていた。
彼の目には、砂浜に倒れている大勢の仲間の姿が映った。
「どうか無事でいてくれ。」
と、祈らずにはいられなかった。
学者君の思いは杞憂にすぎなかった。皆は次々と目を覚まし始めた。
「やあ、大丈夫か。」「ぼくは無事だ。」「わたしも大丈夫よ。」
皆は口々に、仲間の無事を確認しあった。
どうやら全員無事のようである。
「ここはどこだろう。沢山の巨大な石像がぼくたちを見下ろしているよ。」
「イースター島の石像のようなものがたくさんあるわね。」
「でも、ぼくたちが嵐にあった海域は、イースター島からはだいぶ離れているから、違うんじゃないの。」
「とにかく全員無事で何よりだ。」

突然の侵入者が起き上がり、動き出したのを見て、島の住民たちはざわめきだした。
その中の一人の青年が、意を決したように近づいてきた。
「はじめまして。私はアドルフといいます。この島の青年部の者です。あなたたちは何者ですか。そして何処から来たのですか。この島の掟では、残念ながらよそ者は上陸できない事になっているのです。わたしたちの何代も何代も前の時代に、侵略者たちが大勢でこの島に現れ、わたしたちの文化や伝統を見るも無惨にしたことがあるのです。人々の心はすさみ、殺戮と強奪の時代が何代にもわたって続きました。金銀財宝、珊瑚など金目の物はほとんど持ち出されました。侵略者たちは、この島から奪う物がなくなったことを知って、島から出ていきました。
それを機会に、外国とは関係を持たない鎖国制を執ったのです。
文明から遅れても良い。貧乏でも良い。その代わり、わたしたちは民族の誇りと、文化を大切にすることにしたのです。
そして今から100年ほど前、ようやく平穏な日々が訪れたのです。わたしたちは、この平和な暮らしを失いたくないのです。」
と、青年はいった。
自分たちの船が航海中に嵐に遭い、気がつくとこの砂浜に打ち上げられていたことを、海江田船長が伝えた。そして、自分たちは決して怪しい者ではないし、島の平和を脅かす者でもない。船の状態を点検したり、食糧や水の確保、たぶん船も修理したりしなければいけないので、出来れば暫く上陸を認めて欲しい旨をお願いした。
アドルフは、白いあごひげをはやした老人の所に引き返し、何事か話していたが、やがて船長の前に戻り、話し始めた。
「クプクプ長老はこう言われた。『我々は争いごとを好まない。よそ者を島に入れると必ず争いごとが起こる。従って、よそ者は絶対に入れない定めなのだが、なぜか、我々の守護神であるヤタガラスの勘三郎様が上陸をお認めになったので、特別に許可することにした。ただし、どんな些細なことでも島民といざこざを起こしたり、島にとって迷惑な行いがあったときは、直ちに立ち去っていただく。』とな。」
「それは助かります。できるだけ早く出発できるよう努力致しますので、お願い致します。」
『カメレオン号』のマストに止まってじっと様子を眺めていたヤタガラスの勘三郎は、アドルフがクプクプ長老の伝言を伝え終わると、一声『クアー』と鳴いて、島の西の方にある林に向かって飛び去っていった。

巨石像(2)へ続く

posted by 冬野☆男 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3章 怪奇島 巨石像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

第3章 怪奇島 巨石像(2)

復習する


「また、ヤタガラスの勘三郎さんが現れた。我々は、何処からか監視されているようで妙な気分だな。奴は俺たちにとって福の神なのか、疫病神なのか。どっちなんだろう。」
と、マンガ君がいぶかしがる。
「前にも言ったけど、神話の中に出てくるヤタガラスは神武天皇が東征のおり熊野から大和(やまと)に入るときに天皇を先導したというありがたい鳥だから、われわれの守り神だと思うとるよ。」
と、メガネ君のお父さんの安部太一さんが言った。
「でも、それは神武天皇にとってのことであって、大和にいた者にとっては、やっぱり疫病神じゃないの。」
と、マリアさんがいった。

ところで謎の侵入者二人組はどうしたかと言うと、実は最初に目覚めたのは、学者君ではなく、この二人組だったのである。
「おい。弐右衛門半。大丈夫か。」アルフレッド・ルパンは傍らに倒れている石川弐右衛門半を揺すった。一度では反応しなかったが、再度激しく揺すると、弐右衛門半は目覚めた。
「あっ、おやびん。ご無事でしたか。」弐右衛門半は焦点の定まらない目でルパンを見た。
「いやぁ、大変な目にあった。こんなにすさまじい嵐は今まで経験したこともない。稲妻が炸裂したと思った瞬間、船は竜巻に巻き上げられたように、宙に舞った。後は何も覚えていない。気がついたら、この有り様だ。とりあえず、体は何ともないようだし、船の連中は未だ目覚めていないようだから、見つからないうちに身を潜めることにしよう。」
幸いにも、島の住民たちはまだ、様子を伺いに来るものは無かった。島民が集る前に目覚めた二人は、砂浜に自分の体が隠れるほどの穴を掘り、その中に身を潜め上に砂浜の色に似た布をかけ、息を殺してじっとしていた。忍者が良く使う土遁の術である。二人は自分たちの気配も見事に消し去った。

「この島の名前はパスクアといいます。大きい島と言う意味があります。貴方たちが今いるこの場所はアナケナといい、島で唯一の白砂の浜辺です。」
と、アドルフ青年は説明した。
「この島には、あそこにあるような石の像がたくさんあります。さすがに、侵略者たちも、ただ大きいだけで重たいこの巨大な石像は持っていく価値がないと判断したらしく、島にほとんど残されています。しかしながら、侵略者たちの恐怖心をあおったのでしょう、倒されたり、壊されたりした石像も少なくありません。わたしたちは、今その像を出来るだけ、元に戻そうと修復作業をしているところです。」
と言って、アドルフは丘の上に立ち並ぶ巨石像を指差した。
アナケナの巨石像は大きな帽子をかぶり、皆同じ方角を向いていた。
アドルフの説明では、この島にはアナケナ以外にも、巨石像の遺跡が数多くあるとのことだった。
『サスケ』たち子どもはアドルフの説明に興味を抱き、島の探検に行きたいと思っていた。

一行は『カメレオン号』を海に戻し停泊させる準備に取り掛かった。幸い海に浮かべることはできたが長い航海に耐えることは難しそうなほど損傷がひどかった。
しかたなく船の修理が済むまで停泊を余儀なくさせられた。
「海図には載っていないんだ。ここが何処だかも分からない。GPS(全地球測位システム)の情報ではここは水深5000メートルもある海の上ということになるのだが、われわれはこうして間違いなく陸の上にいる。不思議なこともあるものだ。GPSは正常に作動していないのかもしれない。」
と海江田船長は小首をかしげた。
「ここはどこなんだろう。そしてあんなに巨大な石像は、誰が何のために作ったんだろう。」
と、マンガ君が言った。
「何かのシンボルにしては数が多いし。皆同じ方向を向いているのにも何か意味があるのかな。」
と、『サスケ』。

「GPSが誤作動でなければ、ぼく達は時空を超えてしまったのかもしれない。あの嵐の海域では、今までも何艘もの船舶が忽然と姿を消しているので、恐怖のトライアングルといわれている。」
と、学者君。
「コンピュータゲームのように時空を超えることって本当に出来るのかな。」
とメガネ君は小声で言った。
「なんとも言えないね。SFの世界では日常茶飯事の出来事だし、ドラえもんの『どこでもドア』のようにどこでも行ける時空間移動装置だって発明されるかもしれないからね。ぼく達の現実問題として、ぼく達は海図にも無い島にいるということだよ。」
と、学者君が言った。
「とりあえず、明日皆でこの辺の探索をしようじゃないか。」
と高校生のノッポ君(真田竜馬)が言った。
みんなは、口々に「探検に行こう。」「探検に行きたい。」と言った。
これで決まりだ。明日は、島の探検だ。

探索へ続く


posted by 冬野☆男 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 第3章 怪奇島 巨石像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。